HOME > 教育内容

学校経営方針      

令和2年度 廿日市中学校 学校経営計画
 校訓
   『 正直に生活し  進んで学び 人に害せず  自己を守り  人と社会のために奉仕する 』
    【 誠実・実行  自主・自律  自他の尊重  博愛・奉仕 】
2 学校教育目標
   本校で学んだことに誇りを持ち,高い志のもと「自立した社会人」として活躍できる生徒を育成
  する。
3 学校経営目標
   校訓を胸に刻み,教職員が一丸となって尽力する。
4 目指す生徒像
   校訓を胸に刻み,よりよく生きようとする生徒
5 目指す教師像
   生徒・保護者・地域から信頼される教職員
6 学校経営方針〈学校経営ビジョン〉
(1)  情報の共有化、取組み方針の徹底
 ・ 情報共有の方法をさらに改善するとともに、職員連絡プリントや連絡黒板などを機能的に活用し、
  教職員に課題への取組み方針の徹底を図る。
(2)  自己有用感を育む教科指導・生徒指導等の推進
 ・ ユニバーサルデザインの考え方に基づいた教育活動を小中連携して行う。
 ・ 生徒指導集中対策指定校の指定効果を最大限に生かし、主体的な学びの推進と生徒指導課題等
  への対応を両輪として取り組む。
(3)  保護者・地域との信頼関係の構築
 ・ 学校通信や学校HPを通じて、学校の方針や取組み状況を発信し理解を求める。
 ・ 学校支援地域本部を地域学校協働本部に移行させ、学校と地域が連携、協働して生徒の成長を支
  える仕組みを確かなものにしていく。
(4) 安全・安心で効果的な教育環境の整備
 ・ 生徒が安全・安心な教育環境のもとで生活できるよう、設備・備品等の整備を効果的かつ迅速に行
  う。
(5) 学校における働き方改革の推進
 ・ 全ての教職員が「チーム廿中」の一員として働き方改革の意識を醸成し、チームとしての業務の効
  率化を図り、教育の質の維持向上を図る。
○(取組の具体) 
 【教務グループ】
 ・学習規律『廿中三か条』の徹底
  「着ベル」「きれいな学習環境」「授業前後に大きな声で挨拶」
  「忘れ物ゼロ」(授業準備や提出物を確実にやりきる)
 ・「ユニバーサルデザイン」の考え方を生かした授業づくり(小中連携) 
  「課題発見・解決学習」の実施
  「めあて」の提示と「振り返り」の充実
  ペアやグループを活用した交流場面の設定
 ・学力補充の取組
  帰りのSHRでドリル学習を実施する。
 ・家庭学習の充実
  「廿中復習シート」の活用
 ・校内授業研修の充実
 ・キャリア教育の視点に立ち、職場体験学習等を通して勤労観、職業観を形成し、進路の選択・決定
  へと導く。
 【生徒指導グループ】
 ・「時を守り,場を清め,礼を正す」をスローガンに積極的生徒指導に組織的に取り組む。
 ・問題行動等に対しては,関係機関・保護者と密に連携し,毅然かつ生徒の心に寄り添う指導を行う。
 ・生徒会執行部を中心に生徒の自治的な活動を推進し,生徒の主体性を育む。
 ・健康の大切さを理解し,自分の体を大切にしようとする態度を育てる。
 ・不登校や健康課題のある生徒について関係機関と連携し組織的に取り組む。
 【事務室・技術員】
 ・生徒、保護者、地域から信頼されるよう、服務と納金の適正かつ確実な処理を行う。
 ・安全、安心かつ衛生的で効果的な教育環境の整備を行うため、管理職、各分掌、学年、教科との連
 絡を密にし、日々の点検、管理及び計画的で無駄のない予算執行を行う。
 【1学年】
  学年目標「素直、全力、思いやり」〜みんなちがってみんないい〜
  ・人(自分も友達も)・物を大切にできる。
  ・感謝の心を持ち、互いの違いやよさを認めることができる。
  ・自分の力で、自分の進路を切り開くことができる。
 【2学年】
  学年目標「つなぐ」〜互いのよさをつなぎ、新たな自分とつながろう〜
  ・生徒の「願いの表面化」⇒「目標の具体化」⇒「課題の内面化」をサイクルさせながら、「意義」⇒
   「見通し」⇒「振り返り」を軸とした自治的活動を意図的に仕組む。
 【3学年】
  学年目標「和と結」〜仲間と協力し、全力で突き進む!〜  
  ・最高学年としての自覚をもち、自律した行動のできる生徒の育成(自主・自律)
  ・お互いを認め合い、高めあえる集団の育成(自己肯定感、共感性)
  ・主体的、向上心、粘り強さを持って学び続けることができる生徒の育成(進路実現)

教育計画     

  令和2年度 教育課程
◆ 教育課程(週授業時間数)
教科\学年 第1学年 第2学年 第3学年
国 語 140 (4) 140 (4) 105 (3)
社 会 105 (3) 105 (3) 140 (4)
数 学 140 (4) 105 (3) 140 (4)
理 科 105 (3) 140 (4) 140 (4)
音 楽 45 (1.3) 35 (1) 35 (1)
美 術 45 (1.3) 35 (1) 35 (1)
保健体育 105 (3) 105 (3) 105 (3)
技術・家庭 70 (2) 70 (2) 35 (1)
外国語 140 (4) 140 (4) 140 (4)
特別の教科 道徳 35 (1) 35 (1) 35 (1)
総 合 50 (1.4) 70 (2) 70 (2)
特別活動 35 (1) 35 (1) 35 (1)
総 授 業 時 数 1015 1015 1015

○ 週時程表(通常日程)
 時 程        
8:15 始   業
8:20〜8:35 朝読書・ショートホームルーム
8:45〜9:35 1校時 授   業
9:45〜10:35 2校時 授   業
10:45〜11:35 3校時 授   業
11:45〜12:35 4校時 授   業
12:35〜12:50 給 食 準 備
12:50〜13:10 給   食
13:10〜13:35 昼 休 憩
13:35〜14:25 5校時 授   業
14:35〜15:25 6校時 授   業
15:35〜15:45 掃   除
15:55〜16:10 ショートホームルーム
16:20〜 下校、委員会活動、部活動

実施授業     

★令和2年度実施授業時数(令和2年4月〜令和2年8月)

☆令和元年度実施授業時数(令和元年4月〜令和元年8月)

☆令和元年度実施授業時数(令和元年9月〜令和元年12月)
☆令和元年度実施授業時数(令和2年1月〜令和2年3月)

全国学力・学習状況調査    

  調査の目的  義務教育の機会均等とその水準の維持向上の観点から,全国的な児童生徒の学力や学習状況を把握・分析し,教育施策の成果と課題を検証し,その改善を図るとともに,そのような取組を通じて,教育に関する継続的な検証改善サイクルを確立する。また,学校における児童生徒への教育指導の充実や学習状況の改善等に役立てる。
令和元年度調査結果について
平成30年度調査結果について
平成29年度調査結果について

廿日市市学力定着状況調査


「学校評価」について 

 令和2年度学校評価
・令和2年度学校評価中間報告書
令和元年度学校評価最終報告

「体力向上策」について 

 令和元年度体力づくり改善計画
 平成30年度体力つくり改善計画
 平成29年度体力つくり改善計画