<<前のページ | 次のページ>>
2017年5月8日(月)
命の大切さを考える日

 今日は,「命の大切さを考える日」でした。
校長先生の今日の日の意義についてのお話の後,子どもたちは全教職員による「むなしさのみ心に刺さるいじめかな」という詩の朗読を真剣に聞くことができました。
また,全クラスで命について考える道徳の授業を行いました。どの教室でも命の大切さについて真剣に考える子どもの姿が見られました。