センターの概要

 名称  廿日市市立廿日市学校給食センター 
 所在地   広島県廿日市市宮内工業団地1番地63
 構造   鉄骨造2階建て
 敷地面積   6,500u
 面積   1階  2,166.22u
    2階   855.60u
    合計 3,022.12u
 調理能力   9,000食/日
 竣工年月日   平成17年3月31日
 供用開始   平成17年9月 1日
 事業費   用地購入費      471,900千円
    建築工事        423,150千円
    厨房設備工事    328,650千円
    衛生設備工事    207,900千円
    空調設備工事    120,750千円
    電気設備工事    100,590千円
    植栽工事         2,625千円
    工事施工管理委託  8,610千円


沿革
昭和23〜33年  地御前・宮内・原・平良・廿日市小学校で,脱脂粉乳による
ミルク給食開始 
昭和27〜34年  パン・ミルク・おかずの完全給食が地御前小学校を皮切り
に順次開始 
昭和43年7月  廿日市小学校に隣接して給食センター開設
 小学校5校・中学校2校・保育所5ヶ所に供給 
昭和45年4月  脱脂粉乳から牛乳にかわる 
昭和52年1月  米飯給食が月2回の割合で実施
なお,昭和54年から現在まで週3回 
昭和54年5月  児童生徒が急激に増加し,10,000食規模の新センター
(上平良)に建設され,移転
 小学校7校・中学校2校・保育所7ヶ所に供給 
昭和62年4月  運搬業務を民間委託 
昭和63年4月  保育園給食の自園給食開始により学校給食のみとなる 
平成7年4月  ボイラー管理業務を民間委託 
平成11年4月  調理及び洗浄業務を民間委託 
平成17年7月25日  新センター(宮内工業団地)に移転 
平成17年9月2日  新センター(宮内工業団地)から中学校(5校)に供給開始 
平成17年9月6日  新センター(宮内工業団地)から小学校(11校)に供給開始 
平成18年4月17日  大野地域中学校(2校)に供給開始 
平成26年9月2日 大野西小学校に供給開始


供給数量(平成29年5月現在)
 小学校 12校 5,196食
中学校  7校 2,763食
 合 計  19校 7,959食


廿日市学校給食センター運営委員会
  目的
     給食センターの運営を適正かつ円滑に行うため,その運営に関して教育委員会
    の諮問に応じ,重要な事項について審議する。
  構成
     市議会議員
     各小・中学校長     
     各小・中学校PTA会長 
     学校医          
     薬剤師          
     学識経験者       

 
専門委員会
     管理委員会 
       ・給食センターの管理運営について
       ・給食センターの施設及び設備の改善について
       ・衛生管理について
     物資購入委員会
      ・物資納入業業者の選定について
      ・物資の購入について

     献立委員会
      ・学校給食内容の充実について
      ・給食を通した食の指導の推進について
     会計委員会
      ・会計について
      ・給食費の納入等について