献立   衛生管理   食育                        センターの特色


子どもたちに生き生きした未来を!!

 成長期にある子どもたちに安全でおいしい給食を届けたい・・・。
 子どもたちの「食」を大切にする心を育み,生涯にわたる健全な食生活の基礎を培う給食でありたい。
そんな2つの願いを込めて平成17年3月,新しい廿日市学校給食センターが完成しました。
 当センターは,文部科学省の「学校給食衛生管理の基準」に基づいた衛生管理ができる施設とする
ために,さまざまな工夫を凝らし,最新のシステムを導入しました。整備された施設で,徹底した衛生
管理のもと,子どもたちが安心して食べられる給食を提供します。
 毎日の給食が生きた教材となり,子どもたちから家庭へ,家庭から地域へと,食育の輪が広がって
いき,当センターが地域における食育推進の核となっていくことをめざしています。



徹底した衛生管理を行うために


食器類の確実な消毒を確認できるシステムの導入。
室内の温度・湿度管理が適切に行える空調・給排気システムおよびドライシステムの採用。
埋管の非露出化。
汚染・非汚染区域の明確な区分け。
食材が交差しない作業動線。
真空冷却機・和え物専用冷蔵室,保温・保冷効果のある二重食缶の採用等による徹底した温度管理。



食育をすすめていくために


素材の味,色,食感,旬を大切にした調理ができる設備。
残菜計量器の導入。(子どもたちの喫食状況を把握し,献立作成や食に関する指導に生かします。)
見学者用通路,レクチャールームの設置。



環境に配慮するために

廃棄量を低減できる残菜処理機の導入。
高い処理能力をもった廃水処理施設。